健康食品おか調剤薬局 




水性アミノアシドPが体脂肪を燃やす仕組み


水性アミノアシドP

摂取する

<交感神経を活性化>

脂肪を分解するホルモン
が分泌される

<白色脂肪細胞>
(体にたまる脂肪)

遊離脂肪酸となる

<褐色脂肪細胞>
(燃焼してエネルギーとなる脂肪)

タンパク質の作用で
脂肪を燃やす

脂肪の燃焼




大豆を原料とした、液体アミノ酸「水性アミノアシドP」を摂取すると、ペプタイド(消化態)なのですばやく交感神経を活性化し、体内の脂肪を分解するホルモン(ノルアドレナリン)が分泌されます。そのホルモンによって、体内にたまった白色脂肪細胞は遊離脂肪酸となり、褐色脂肪細胞に取りこまれます。そして、褐色脂肪細胞に含まれているタンパク質の力によって、脂肪は燃焼されるのです。









ご注文ページへ ご注文のページ

こちらの商品は後払い可です. 
商品到着後10日以内に銀行振込もしくは郵便振替にて商品代金をお支払いください.





戻る

健康食品のページへ


フィットネス商品|健康食品| ヘルスケア商品介護商品会社概要トップページへ