お知らせおか調剤薬局 



2020.03.01 そら内科クリニック様からのお知らせです。


新型コロナウィルス感染症対応について(2020年3月1日 現在)

●発熱、咳、だるいなどの症状がある方へお願い
当院は高齢の方や糖尿病、慢性心不全、気管支喘息など持病がある患者様の通院が多いクリニックです。そのため、定期的に通院されている患者様やご家族への感染がないように最大限の注意をしています。 そこで、発熱、咳、だるいなどの症状がある方は 受付に直接入る前に、必ず電話でお問い合わせください。なお、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が疑われる場合や、お問い合わせされる患者様が新型コロナウイルス感染がご心配な場合は、当院では対応できません。適切な相談先をご案内いたします。 また、当院で診察させていただく場合でも、お待ちいただく際は院内ではなく、原則自家用車内で待機していただくようにお願い申し上げます。(時間帯や曜日をずらしていただく様にご案内させていただく場合もございます。) 新型コロナウイルス感染症は、もともと健康な方や若い方にとっては、大部分は軽症で済む場合が多いと考えられていますが、高齢の方や持病のある方は、命にかかわります。なにとぞ、くれぐれもご理解・協力をお願い申し上げます。

●定期通院されている患者様、ご家族の方へ 

@定期受診、処方箋について
新型コロナウイルス感染症の拡大が懸念される事態が予想されています。今後この感染症がどれほどまで地域に広がってしていくのかは、現時点では予測できません。患者様やご家族が「クリニックで移されてしまわないか」とご心配されるのはとてもよくわかります。そこで、当院の対応としては、上記にあるように、新規の発熱などの患者様が院内に入って他の患者様に感染が広がらないようにしたり、消毒や換気などの配慮を最大限に実施いたします。その上で、患者様が来院されることによる心配を少しでも少なくするために、ご家族の方が代理でいらっしゃっても処方箋をお出しします。また、直接患者様が来院された場合であっても、窓口の受付を済ませてから速やかに処方箋を発行し、会計を終えられるように最大限努力いたします。また、普段よりおぶさと薬局をご利用の患者様は、発行した処方箋の内容は速やかにおぶさと薬局に伝え、例えば車内でお待ちいただいている間に調剤された薬を薬局から持参してもらい、会計もそこで行ってもらえるように、あるいは薬は後で家族に取りに行ってもらうようにすることなどをおぶさと薬局にはお願いしています。

A体調が悪くなった場合
当院はご高齢な方や重度の持病をお持ちの患者様が多いため、季節を問わず「食欲が低下した」「熱が出てきた」「咳が止まらない」といったご相談が多く、新型コロナウイルスの感染に関係なく体調が悪くなることも当然考えられます。その際は遠慮なく受診してください。(新型コロナウイルスの感染がないように最大限配慮いたします。)ご不明な点があればお電話で相談してください。

B健診や栄養指導、心理療法の予約をされている方
急ぎではない検査の予定や、定期的に行っている栄養指導や認知症の方への心理療法がある場合などは、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される状況下では可能な限り延期するようにしたいと考えております。ご不明な点がございましたらお電話ください。なお、生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症など)がある方は、これまで通り、内服や食事の管理、適切な休養、体を動かすなどはくれぐれもご継続ください。それが、感染による重症化や、持病の合併症(脳梗塞、心筋梗塞など)の予防にもなります。
以上、皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。
            そら内科クリニック 院長 遠藤光洋

そら内科クリニック様からの最新のお知らせは、こちらをご覧ください。





トップページへ


Copyright(C) 1997-2020 Oka Pharmacy Co.,Ltd